--.--.--    カテゴリ:  スポンサー広告 

   スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.01.15    カテゴリ:  モノローグ 

   月


かぐや姫の故郷。

月詠み塚
K-7 + DA55-300
関連記事
スポンサーサイト
自然派ですね~。
冬の夜は勘弁って感じです。しかし、つきの下がぼやってなっているのが、実に綺麗ですね。

しかし、また寝ていないんですか?それとも超早起き?
運転はお気をつけて。
タイトルがぴったりで素敵です。
夢のある写真ですね。
シンプルさがたまらないです。
月の下のボケはどうなっているのでしょうか?
下のブランコのシルエットも効果的ですね。
ここは、公園なんですか?
身近にある被写体を見つめる力をもっと付けないとならないですね。
勉強になりました。
これから、色々教えていただくのが楽しみです。
はじめまして♬
ご訪問いただき温かいコメントをありがとうございました^-^
私もちょくちょくお伺いしては、こそこそっとお写真を拝見させていただいて
おりました(´▽`*)(すみません^^;)
写真、とてもお上手ですね♪
自然の風景も鳥も写真も素晴らしいものばかりで、いつもウットリと見せていただいています。
レンズも凄いレンズをお使いですね^-^
またお伺いさせてくださいね♪
コメントありがとうございました。

かぐや姫のふるさと。
素敵な題名ですね。
今度機会があれば使わせて貰おうと思っています。

月が三日月で、素敵です。
自分も満月より三日月が好みです。


>mochikunさん

これを撮ったのは稲刈りが終わった頃なのです^^;
あと、2時間くらいは寝たので大丈夫です。たぶん。
>未来さん

有り難うございます。
月の下は雲なのですが、ちょうどうまい具合に月が雲に乗っかるタイミングを計って撮りました。
ブランコがありますが、ここは公園ではなく工事用資材置き場で、工事用の土が盛られている上にブランコが置いてあるんです。
ちょっと珍しい光景なので以前から気になっていたのですが、たまたま通りがかったときに、いい感じで三日月があったので撮ってみました。
最近になってブランコがなくなってしまい、少し淋しくなってしまいました。

>デイジーさん

ご訪問有り難うございます!
まだまだお褒め頂くようなのではない写真ばかりですが、他の方に観て頂くことを考えてこれから撮っていこうと思っています。
またいらして下さいね~☆
>HIROさん

コメント有り難うございます。
どうぞお題名使い下さい~。

そうなんです。三日月だから良いんですよね。
たぶん満月だったら撮らなかったと思います。
源氏物語や枕草子にでてきそうな月ですね。
>瓶覗れいあさん

こちらにも有り難うございます。
たしかに、そういう時代のイメージですね。
私は、あの月からかぐや姫の迎えの使者がやってくる絵が思い浮かんでしまいました^^;

もしかして?写真のブランコは川越線から見えるものですか? 

そのブランコでしたら私の知人が作成したものです。
>大野さん

こんにちは。
はい、川越線の川越と南古谷の間、陸橋をくぐるあたりです。
まさか、大野さんのお知り合いが作られたとは!びっくりですw(゚o゚)w
ここの横の道は仕事の帰りにほぼ毎日通ってるんですよ。
最近、てっぺんから下のほうに移動されてしまい、ちょっとさびしくなりました。
いや、しかし面白いところでつながりますね~♪
まさかこのような事をやっていると言う事を昨年の春に知りました。

仕事が終わってこのブランコに乗るのが幸せだといって言っていました。

テレビ局の話題にもなったとの事でした。
大野さん、こんばんは。

テレビに出たとは知りませんでした。
可能なら、その方の仕事が終わってブランコに乗っている姿を撮ってみたいです。






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 光画想記 ~Photologue~ All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。